下着をボディに合わせる

下着

色々な方法で調整が可能

通信販売などで購入したブラジャーがしっくりと馴染まない場合、カップの部分に問題があることが考えられます。通販カタログなどでは、通常はサイズ表を見てブラジャーを選ぶことになります。製品の規格はメーカーによって違いますので、手持ちのサイズと同じでも、身に着けた時の感覚は製品によって様々です。予想していたフィット感と異なる時には、自身でセルフ調整をするという対処が出来ます。カップが合わない時に試したいのが、ストラップの調整です。ストラップの長さが変わると、カップのフィット感も少なからず変わります。このようなストラップの調整は、手軽に出来る対処法の1つです。調整してもなお、カップの部分が合わない時は、市販のアイテムを利用するという奥の手があります。バストよりもカップの方が大きい時には、パッドを使用してカップとバストの隙間を埋めることが可能です。ブラジャー用のパッドは、形や大きさにもバリエーションがあり、隙間の大きさに合わせて商品をセレクト出来ます。カップのどの辺り隙間が出来ているかをチェックして、フィット感を良くしてくれるパッドの形や大きさを把握するのが、この場合は必要です。ブラジャーは、フィッティングによって付け心地が大きく変わる下着です。カップが合わない時は、フィッティングの状態に目を向けるのも基本的な対処となってきます。カップの中にきちんとバスト部分が入っているかどうかは、きわめて重要です。背中やワキからバストを持ち上げるような形で行いたいのが、ブラジャーのフィッティングです。

バストは百人百様

クッション性の良い素材

ブラジャーは下着通販業者泣かせのアイテムです。それと言うのも、ブラジャーは、通販品の中でも特に返品が多い商品なのです。その大きな理由の一つに、女性のバストは一人一人大きく形が異なる点が挙げられます。カップやアンダーバストのサイズだけでは、完全にフィットする物を選ぶのは難しいのです。しかし、ブラジャーのメーカーも、より多くの人にフィットする商品の開発を行っています。締め付けることなく、フィット感があるブラジャーは、クッション性が高いことが特徴的です。それは、どのカップのサイズにも共通することです。また、ブラジャーが体にフィットさせるためには、カップサイズだけを気を付ける以外にも、装着する人の体形も考慮しなくてはなりません。同じカップサイズのブラでも、なで肩の人が装着するのと、いかり肩の人が装着するのとでは、フィット感が大きく異なります。そのため、最近では、身に付ける人の体形に考慮したブラジャーが開発されています。貴女が身に付けるブラジャーに問題ありと感じたら、よりクッション性に優れた製品で、体形サポートにも行き届いた製品を選ぶことが大事です。ブラジャーが自分の胸にフィットしないと感じる人は、なるべくノンワイヤーのタイプを選ぶと良いでしょう。また、アンダーバストやカップサイズが合っているのに、少々のあそびがある製品を選んでしまったら、クッション性のある中パッドを使うことをお勧めします。

おすすめの記事