サイズ表示が異なる

下着姿の外国人女性

美の基準が異なる

日本製のブラジャーは、縫製も良く、何より、日本人の体形に合っているのが魅力です。
しかし、海外のブラジャーは、デザインも大胆なものが多く、日本製とは違う良さがあります。

近年は、通販で簡単に海外ブランドのブラジャーも購入できますが、購入する前に、日本ブランドの物との違いを把握しておく必要があります。

まず、カップについてですが、日本ブランドのCカップと、海外ブランドんCカップでは、大きさが全く違うことがあります。
日本と同じ基準でカップを設定している国もありますが、アメリカブランドは日本よりもカップが大きく、AカップやBカップが、日本ブランドのCカップに相当します。

次に、アンダーの表示もセンチメートルではなく、インチや独自の基準によって設定されているものがほとんどです。
日本ブランドでアンダー70センチの場合は、アメリカブランドなら32、フランスブランドなら85となります。

また、日本ブランドのブラジャーは、くっきりと谷間を作るために、寄せてあげることを命題に作られていますが、海外ブランドのブラジャーは、寄せてあげるタイプもありますが、柔らかな着け心地の物も主流商品となっています。
それぞれの国によって、胸に対する美の基準が違うため、自分の思い描くようなフォルムに矯正できないブラジャーもあります。

海外ブランドのブラジャーと日本ブランドのブラジャーの違いを知ったうえで、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

おすすめの記事