下着選びの重要性

下着姿の女性

美容と健康への影響が心配

ブラジャーの選び方は、美容だけでなく健康とも深く関わっています。自分のバストとブラジャーの相性を決めるのは、カップのサイズです。
この部分がマッチしない場合は、装着した時に色々なトラブルが生じてきます。思うようなバストアップ効果が得られないのはもちろん、肩こりなどの不調を抱えることにも繋がってきます。
カップの不適合が特に大きな問題になるのが、ワイヤー入りのブラジャーを身につけた時です。ワイヤー入りのブラジャーは、身につけるだけで完成されたバストラインが表現出来るのがメリットです。

ですが、このようなブラジャーは、カップの位置が予め計算されているため、ピッタリとフィットしていないと、想定外の場所にワイヤーが当たるようになります。
入念な下着メーカーの設計が生かせず、不快な思いをしながら過ごす羽目になるのが問題です。ワイヤーによる度重なる刺激は、バストにも相当なストレスを与えます。
リンパの流れなどが滞り、健康面でも悪影響が心配です。カップのサイズが合っているブラジャーなら、バストへのストレスはより少なく抑えられます。
バストが美しく見える上に、肉体的なストレスも大幅に減るのがジャストサイズのブラジャーです。不自然な形バストを整えると、バストを支えている筋肉にも影響を与えることがあります。
実年齢よりも早く筋力低下が起こる可能性があるため、合わないブラジャーは、美容的にもデメリットが大きい下着です。

ジャストサイズが重要

問題点について

女性は体型を美しく見せるために、ダイエットを始め、様々な努力をしています。
痩せて筋肉を鍛えれば、どのような下着つけていても問題はない、と考えている人も多いでしょう。
実は、毎日身につけているブラジャーは、とても大切な役割を持っています。もし、カップが浮いてぶかぶかしている、背中や脇にアンダーベルトが食い込んでいるなど、不快感を感じているのであれば、サイズが間違っている事になります。ブラジャーのサイズやカップがベストではないと、身体にも様々な影響が出てしまうため、注意しましょう。

まずサイズが小さいと、背中や脇のお肉に段差が出てしまい、綺麗に見せる事ができなくなります。
また、締め付ける事によって血行不良を起こし、肩こりや代謝が悪くなる事も考えられます。
そして、ブラジャーのサイズが大きすぎると、カップがカパカパになり、バストをしっかりと支えられなくなります。
ぴったりとフィットしていないと、見た目も悪く、またバストが垂れる原因にもなってしまうのです。
これらの事が思い当たる場合には、ブラジャーのサイズをもう一度、測り直した方が良いでしょう。
しっかりとカップの中に、バストだけでなく背中や脇のお肉をしまい込めると、バストアップした形の良いバストを作り出す事ができます。
谷間を作る事も夢ではなく、またタイトな服も綺麗に着こなせるようになるのです。自分でサイズを測れない場合には、ランジェリーショップで店員さんに相談してみましょう。

おすすめの記事